スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ゲド苦戦記 8

2010.10.27 Wed
お久しぶりで御座います。
更新。かなり日にちが開いちゃいましたね…
ご訪問下さっていた方々には本当に申し訳ありませんでした。
兎に角。やっとこ時間が取れました~。



それでは、早速でありますが。

ゲド。


実はあんまり進んでません。
いや、合間を縫って短時間でも手は動かしてるんですが。
やりたい工作は沢山あるんですけどねー
なんでこう色々と重なるか…と愚痴ってみたり(笑)

閑話休題。


とりあえず現状はこんな感じです。

新パンツ1 新パンツ2

御覧の通り途中ではありますが。
盛って削ってまた盛って、
とりあえず満足できる形状になってきました。

あとは接続部分の工作と表面処理、なんですが。
よく考えたら腹部の工作をある程度進めないと先に進めない事が判明。
急遽、胸部&腹部にも手を入れる事に。

で。
腹をやり始めたら、特徴的な胸部パーツのおかげで
頭もある程度進めないと接続の寸法が出ない事が判明。
……なにやってんだか。

と言う訳で、急遽この段階で頭部を解体(笑)


頭部解体


キットの頭部は全部で4パーツ。
そしてそれを8パーツに分けそれぞれ工作致します。

方法としてはHGズワースでやったヘルメット化工作を応用してみました。
外郭を利用して余計なモールドなどを排除し幅詰めしつつ
メット化して内部パーツと角やチンガードなどの装飾品を後付けパーツにします。



全身(仮)


メットパーツが出来た事で、各パーツのオフセットもおおよその位置で決まり
頭長高が予想ではありますが決まりました。

それにしても固定モデルの場合、このあたりは接続のストロークが固定で
パーツ長の採寸が容易な可動モデルとはかなり違う所ですね。
でもその分造型の自由度は高い訳なので一長一短ですけれども。


お話を戻しまして全高 ですが、
予定では11.5cm程(直立で12.5cm)になりそうです。

因みにバストールが約15cm、レプラカーンで約14cm、ライネック16.5cm。
ゲドは直立ではなくややクラウチングスタイルなので
HGゲドとして考えればかなり妥当なサイズかと。


とりあえずこれで次はパンツの表面処理と脚の接続工作、
そして大問題の胸部の造型に入れます(笑)
スポンサーサイト
Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:ゲド | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

お手本

2010.10.16 Sat
ここの所、ちょっとまた余裕が無くなりつつある今日この頃。
うーん、ま、なんくるないさー。

という訳で?(笑)


実は昨日。
明野の駐屯地からの帰りに とある公園にちょっと寄り道しまして。


もともと明野に行ったのも、目的は模型の為なのでした。
そう、ライトニングの参考になれば、との思いからなのですが
正直あまり役には…
と言いますのもやはり戦闘機とヘリではモノが違うという事もありますが
何よりも実機から遠すぎて細かい部分が全く確認できなかったのです。

ただ軍用機独特の雰囲気は物凄く感じられましたので
収穫は0と言う訳ではありませんでした。



が。

やはり近くで見たい!!との気持ちは抑えられず。


寄り道。

UH-1

UH-1 ヒューイです。(よね?笑)

なんかよくわかんないですが
公園にヘリが置いてある所が明野から30分位のところにあって
それを見に来たという訳です。

コクピット

触っちゃダメらしいですが、こ~んな近くには寄れます。

と言う訳でココからは 資料として画像をまとめてみます。

左ヨコ 左後ろ

左側面 右前

リベットにパネルライン、ガイドライン、どれもいい造型ですねー。
意外にも機体のそこらじゅうに日本語のマーキングがあるのも面白いです。
そして経年で褪せた塗装表面…いいですね!

で、ちょっと驚いたのは
聞いた所ではこのヘリ4、5年このまま放置しているらしいのですが
錆が殆ど見当たらないんです。

メンテしているのかとも思ったんですがよく見るとローター固定用のロープを
結束している針金は錆でボロボロ…。
機体がアルミだからなのでしょうかね…それとも特殊な塗料なのでしょうか?
それにしても凄いです。


ローター エンジン

この尾翼まわり、いい形してますね。
そしてエンジン!
なんだかMSのスラスターみたいでメチャメチャカッコイイ!
この辺はキャラモにも応用できそうな感じですね~。

うーん、実物はやっぱりいいですね~。
なんだかライトニングに反映出来そうな所もありそうですし
ホント見に来てよかったです!


Theme:趣味と日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:日記 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

空飛ぶ金属

2010.10.14 Thu
今日は“明野” という所に行ってきました。


実は先週も近くに仕事がらみで所用があり立ち寄ったのですが
手持ちには業務用の携帯しかなくて画像も撮れず。


で。


カメラを手に入れた今。


コレは行かねば!
と、思い立った次第であります。

どこに何を撮りに行ったのか?といいますと。



此方。

陸自

私の在所から車で約50分。
陸上自衛隊航空学校の本校でもあります 明野駐屯地です。


…でも正直言いますと。
ココが陸上自衛隊の基地だと知ったのはつい最近だったり…
航空自衛隊だとばかり思っておりました(恥)


そして更に。
お恥ずかしながら機種も殆ど判別できないという…
まあ兎も角。

沢山ヘリコプターがいましたんで色々撮ってみました。

ヘリ

いきなりですが、
機種不明。
テールローターが特徴的な少し小さめのヘリでした。


大きいヘリ

これも、機種がわからない…外に出ているヘリの中ではかなり大きく感じました。

コブラ?

コレは多分AH-1 コブラです、きっと(笑)

なんだかエンジンの調整中らしく後部パネルが全開になっていて
整備士らしい方々が覗き込んでました。
こんな状態の物は始めて見られましたのでちょっと興奮。

格納庫1

UH-1と補給車、それに格納庫にはなんだか自衛隊らしくないカラーのヘリ。
広報用、なのかな?

ナイトフォックス?

ホバリングしているのはナイトフォックス AH-6、かな?

それにしても不思議な光景です。

飛行機は車やバイクで体感する高速移動による風圧や揚力でなんとなく
飛べる事に対する理屈だけでなく実感出来る訳ですが。
あんな金属の塊が、プロペラの回転機構だけで宙に浮き
静止出来ている、なんてホント凄い事だな、と。


格納庫

複数ある格納庫には沢山ヘリが格納されていました。
ですが、今回改めて見に来て前回来た時と比較して
見られた機種がちょっと少なかった気が致します。
戦闘装備や攻撃ヘリが殆どいないのと
大型ヘリを一機も見られなかったのは残念でした。
あの恐ろしく高い値段のヘリも見なかった気が致します。

しかし、それにしても実物はやはり迫力が違いますね。
うーん、もっと近くで見たかった…。


と思っていたら。

こんなイベントがあるそうです。
航空祭

行きたい!!…けれど。
ああ。多分仕事ですな、この日は…orz
Theme:趣味と日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:日記 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

大判

2010.10.12 Tue
前回の記事の翌日。
あるものが届きました。

コレです。

新アイテム

コンパクトデジカメ。

実は私、デジカメって持ってなくて。
画像に写ってるビデオカメラで撮影しておりました。

このハンディカムも静止画は撮れるのですが、所詮はビデオ。
カメラの機能としては最低限のものしかなく、補正や調節も
ビデオの機能の充実ぶりとは裏腹に、それなりで。
特にISO感度調整が出来ないのが痛かったのです。

でずっといいものが無いかな、なんて思っていたら
割と希望に副う物がかなりの安値で販売されていたので
思い切って購入しちゃいました。



という訳で、モデルに柴クゥさんを使って早速比較を。



先ずはいつものビデオカメラ。

ハンディカム

コレはこれで実は使い勝手がいいところもあります。
機能調整が少ない=撮影がカンタン。
ディスプレイが可動するので仰角、高角の撮影が楽。
画素数は少ないけれどその分画像が軽く取り込みなどの処理がスムース。
意外にも画質はシャープ。
などなど。

イマイチなのは
画像調整の幅や機能が殆ど無く、
光の量が足りないと周りの色と干渉してヘンな補正が掛かる。
接写が対象物を認識し辛く物凄く苦手。
微妙な色の変化のあるものはその変化を捉え辛い。
バッテリーの消費が激しく、ギャラリー撮影などでは度々の充電が必要。
大きくて気軽に持ち歩けない。
などなど。


で、デジカメ。

先ずは未調整、フルオートで撮影。

オート

あれ?
ちょっと暗い…というか青い…

と思ったら、この部屋の状態でオートだとフラッシュが必要だったみたいです。

という訳で環境に合わせた設定で再度挑戦。


コンデジ

屋内モードでISO100、露出微調整、WB等々。
色々設定してこんな感じです。

うん、かなり実物に近い色合いに写りました。

僅かに赤みが強くシャープさに欠ける気と
少し歪みも出ているような感じもありますが
まあ凝視しなければ問題ないレベルかと。


で、画像サイズも変わっていまして
サムネイルクリックで拡大で、
更に画像クリックでもう一段階拡大します。

本体色に微妙な変化をちくちくと入れた柴クゥさんも
最拡大の状態だと色調などもかなり細かい部分まで確認できるかと思います。


…しかし。
確かにカメラは凄いんですが、ここまで細かい所が見られる となると
なんだか複雑な気分です。



…ああ これで。
更にまた手、抜けなくなる…
自分で自分の首絞めてる??(笑)
Theme:趣味と日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:日記 | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

ゲド苦戦記 7

2010.10.07 Thu
とりあえず脚。

あとは仕上げとサフ

大まかな工作と形状はコレにて終了です。

という訳で続いては此方。


パンツ


既に切り離していますが、
股間節部分 いわゆるパンツの製作です。

実は今回のゲドで苦戦するであろう予想ポイントが3箇所ありまして。
それが胸部、コンバータ、そしてこのパンツです。


何が難しいか、といいますと。


先ずは前面の傾斜角とストローク不足。
脚部接続部分の形状、腹部受け部分の縦幅不足。


そして此方…



背面…

一目瞭然、ですね。



背面に関しては全て作り直し、にせざるをえません。


しかしなんて複雑な形状だ…
パンツはビアレスがちょっとややこしい気がしましたが
ここまで凝ったラインのABは無いんじゃ…

なんだかブブリィを彷彿とさせる意匠もあるし
ここはちょっと手を抜けないかな、と考えています。

兎に角。

出来る限りの事はやってみよう と思います~。
Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:ゲド | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。